総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【全日本キック】3・9山本真弘が王者対決を制し、K-1出撃を予告 

 3月9日(金)東京・後楽園ホールで開催される全日本キックボクシング連盟主催『Departure~野良犬FINAL~』で、全日本バンタム級チャンピオン藤原あらし(SVG)との“業師対決”に臨む同フェザー級チャンピオンの山本真弘(藤原)、同ウェルター級王座決定トーナメント準決勝で同級1位の山本優弥(青春塾)と対戦する同級2位・金統光(藤原)の公開練習が、2月14日(水)東京・三ノ輪の藤原ジムで行われた。

 この日、先輩・小林聡との対戦が発表された前田尚紀がミットを持ち、激しいミット打ちを見せた両選手。重苦しい雰囲気に包まれた小林VS前田の会見とは打って変わり、笑顔も飛び出す和やかな空気の中、報道陣にコメントした。

「今回は56kg契約でフェザーより下、相手も強いので凄くいい試合になると思いますが、倒して勝ちます」といきなりのKO宣言をしたのは真弘。

 以前55kgで試合をしたこともあるが、減量の不安は「半分半分」だという。「上手くいけばいい仕上がりになるでしょうし、間違えれば悪くなる。まだ模索しているところ」。

 ミット打ちでは軽快な動きを見せたが、「まだまだです。まだ動けるというのがあります」と理想を高く持ち、「全てを使って“キックボクシング”を見せたい」とテーマを語る。

あらしの印象については「蹴り技が多彩。受けると向こうのペースになるので、受けないようにする」と自慢のフットワークを使って蹴りをかわすことを予告。

「スピードなら僕の方が上。試合でそれが見せられると思う」と、一階級下のチャンピオンにスピードでも勝てると宣言した。

 金は「小林さんの引退試合なので僕も絶対に勝って、みんなで勝って引退試合を祝いたい」と、藤原ジムの全勝を小林に捧げるつもり。「相手はK-1にも出ているし、テクニックも上なんですけど、気持ちで負けない。これから1ヵ月、先生にしごかれて気持ちで勝ちます。小林さんの試合を見ていると気持ちは絶対に退かない。それは僕たちが一番感じたところなので、絶対にそこでは負けたくない」と、持ち前のハートの強さで勝負だ。


 優弥の攻撃で警戒しているのは「左ミドルとか、左の攻撃がスピーディーなのでそれだけ気をつける」と言い、「ビジュアル対決では……負けてますね」と記者たちの笑いを誘った。

金自身はベルトの懸かったトーナメントであることを意識していないというが、所用のため会見を欠席した藤原会長は「金は練習内容も凄くよくなっている。一番いい時にチャレンジできるから、ひょっとしたらひょっとするかも」と金の王座奪取に期待。

 小林VS前田については「いま初めて聞いたのでビックリしました。複雑ですね」(真弘)「本当のケンカのような感じになるんじゃないですか。複雑です」(金)と戸惑いを隠せないが、「やっぱりみんなで勝って花を添えたい。絶対に勝ちます。ジムに入った時から小林さんの背中を見てきたので、言葉ではいい表せませんね。凄く大きな存在です」(真弘)「みんなの兄貴分的な存在でした。いろんなことを相談できる人でした」(金)と小林の引退を惜しんだ。

 また、K-1で60kg級の階級が新設されることを聞いた真弘は、「まだフェザー級の体なのでガッチリ体を作って挑戦したい気持ちはあります。興味はありますね」とK-1出撃も視野に入れていることを明らかにした。


全日本キックボクシング連盟
ALL JAPAN KICKBOXING 2007
「Departure~野良犬FINAL~」
2007年3月9日(金)東京・後楽園ホール
開場17:00 本戦開始18:30 オープニングファイト開始17:45

<全対戦カード>

▼野良犬ファイナルマッチ 3分1R
小林 聡(藤原)
VS
前田尚紀(藤原)
※試合終了後に小林聡引退式。

▼ダブルメインイベント第2試合 スペシャルマッチ 61.5kg契約 3分5R
大月晴明(AJKF/WPKC世界ムエタイ・ライト級王者)
VS
増田博正(スクランブル渋谷/全日本ライト級王者)

▼ダブルメインイベント第1試合 スペシャルマッチ 56kg契約 3分5R
山本真弘(藤原/全日本フェザー級王者)
VS
藤原あらし(SVG/全日本バンタム級王者)

▼ダブルセミファイナル第2試合 第23代全日本ウェルター級王座決定トーナメント準決勝 サドンデスマッチ 3分3R
山本優弥(青春塾/同級1位)
VS
金 統光(藤原/同級2位)     

▼ダブルセミファイナル第1試合 第23代全日本ウェルター級王座決定トーナメント準決勝 サドンデスマッチ 3分3R
湟川満正(AJ/同級3位)
VS
三上洋一郎(S.V.G./同級5位)

▼第3試合 全日本フェザー級ランキング戦 サドンデスマッチ 3分3R
岩切博史(月心会/同級5位)      
VS 
中村元気(クロスポイント・ムサシノクニ)

▼第2試合 全日本ライト級ランキング戦 サドンデスマッチ 3分3R
畑尾龍宏(REX JAPAN/同級9位)
VS
遠藤智史(AJ/前全日本フェザー級7位)

▼第1試合 全日本ライト級ランカー昇格決定戦 3分3R(延長あり)
寺崎直樹(青春塾)
VS
野間一暢(JMC横浜GYM)

▼オープニングファイト第2試合 スーパーバンタム級3分3R
菊地 慧(藤原)
VS
尾田兼次(SVG)

▼オープニングファイト第1試合 フェザー級3分3R
不動明王(峯心会)
VS
KOTARO(SOUL GARAGE)

格闘技好きは→格闘技ranking
[ 2007/02/15 09:48 ] キックボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。