総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シュルトvsセフォー、初代スーパーヘビー級王者決定戦=K-1 

新設されたK-1スーパーヘビー級王座に意欲を見せたホンマン

 「K-1 WORLD GP」2007シーズンの年間スケジュール、および新コンセプトの発表記者会見が7日、都内・フジテレビ本社屋オフィスタワーで開かれた。

 従来のシーズンと比較して、今シーズンから大きく変わる点として谷川貞治K-1イベントプロデューサーが発表した点はズバリ、階級別タイトルマッチの新設。

これまでK-1 WORLD GPシリーズは前年度GPベスト8に、世界各エリア予選を勝ち抜いた選手、主催者・ファン推薦の選手合わせて16人トーナメントでその1年の世界王者を決めてきた。

だが、「バンナやセフォーのように、トーナメントでは力を発揮できなかったが、ワンマッチで最高のパフォーマンスを発揮してきた選手がいたからK-1が面白いと言われてきたのも事実です。ワンマッチだったら誰が一番強いのか、という議論もある」と谷川氏。

そこで従来のGP王者とは別に、今年からボクシングのように階級別の王座を新設することになった。

先月25日の記者発表ですでに100キロ以下のヘビー級王座の新設を発表していたが、新たに100キロ以上のスーパーヘビー級王座を新設。将来的には、スーパーヘビー級、ヘビー級、ライトヘビー級(85キロ以下)、ミドル級(70キロ以下)、ライト級(60キロ以下)の5階級を設定していくという。

 また、先月25日に発表されていた3月4日K-1横浜大会のワンマッチ、セーム・シュルトvsレイ・セフォーを、「シュルトはすでに暫定王者としてふさわしく、セフォーも実績十分である」(谷川氏)ことからスーパーヘビー級初代王者決定戦とすることを発表。

同じく3.4横浜のヘビー級タイトルマッチ挑戦者決定戦にエントリーしている武蔵vs藤本祐介、ルスラン・カラエフvsバダ・ハリの勝者は、4月28日開催のK-1ハワイ大会でヘビー級初代王座をかけてタイトルマッチを行なうことも併せて発表された。

格闘技好きは→格闘技ranking
[ 2007/02/08 10:00 ] K-1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。