総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

父・郁栄氏も熱血指導、KIDがレスリングの練習を公開 

父・郁栄氏も熱血指導、KIDがレスリングの練習を公開

総合とはまったく違う低い姿勢からタックルを狙うKID。半年間の猛練習で昔の姿を取り戻した

 26日に開幕する天皇杯全日本選手権で約7年ぶりにアマチュアレスリングに復帰するプロ格闘家・山本“KID”徳郁が11日、母校・山梨学院大学で公開練習を行った。

KIDは昨年7月にプロ活動を休止し08年の北京五輪挑戦を表明。当初、昨年11月の全日本選手権予選に出場する予定だったが、推薦選手となったため免除。

ぶっつけ本番で7年ぶりの試合に臨むことになったこともあり、この日の公開練習には多くのマスコミが集まった。

 大みそかの「Dynamite!!」出場したKIDは、5日から山梨学院で練習を再開。昨年5月の練習開始当初は10歳近く歳の離れた学生たちの練習についていくことができなかったが、この日はランニングやダッシュなどのサーキットトレーニング、スパーリングなど約1時間半に渡り学生たちと同じメニューを消化。

課題とされていた低い姿勢にも慣れたようで、スパーでは何度も鋭いタックルを決め、順調な仕上がりをアピールした。

 この日の練習には、KIDの父で元ミュンヘン五輪代表の郁栄氏も姿を見せ、息子の練習に熱い視線を送った。そもそもKIDが五輪出場を目指したのも郁栄氏の影響が強く、表明会見でも「(メダルを獲得できなかった)父のリベンジを果たしたい」と意気込みを語り、郁栄氏も息子のアマレス再挑戦を心から喜んでいた。


 現在は日体大で教授を務める郁栄氏は、最初のうちこそ黙って練習を見つめていたが、我慢できなくなったかスパーリングのインターバルではKIDにかけ寄り身振り手振りで熱血指導。

その後も大きな声でゲキを飛ばした郁栄氏は「以前よりもよくなってきた」と息子の仕上がりに満足げな表情を見せた。

 KIDが挑むフリースタイル60キロ級には、昨年の世界選手権で3位になった高塚紀行をはじめ、アテネ五輪銅メダリストの井上謙二など、世界トップクラスの日本人が勢揃い。

今回の全日本選手権で最低でもベスト8に入ることが五輪出場への最低条件となるだけに、KIDの実力が試されることになりそうだ。

■天皇杯レスリング全日本選手権
1月26日(金)~28日(日) 東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

KIDの出場するフリースタイル60キロ級は28日開催
※28日のみ有料。チケットは12日よりチケットぴあで販売

大会の詳細は財団法人日本レスリング協会オフィシャルサイトまで
http://www.japan-wrestling.jp

本日の最新人気格闘技ランキング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。