総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内藤が大毅の反則行為「絶対に許さない」 

会見を終え自転車のかごにベルトを入れ笑顔を見せる内藤
 汚い反則は絶対に許さない―。WBC世界フライ級王者内藤大助(33=宮田)は初防衛成功から一夜明けた12日、大毅の反則行為に怒りを爆発させた。レスリング行為で減点3を取られた最終12回以外にも、序盤から断続的にサミング(目をグローブでえぐる)などの悪質な反則があったと訴えた。宮田ジムの宮田会長と連名で、週明けにも日本ボクシングコミッション(JBC)に反則行為の調査を要望する文書を提出し、厳しい対処を迫る。
 勝利の喜びはどこにもなかった。内藤は赤く腫れた両目周辺を触りながら「赤いのはパンチじゃないですよ。全部サミングの反則なんですよ」と語気を強めた。クリンチ時、押し倒された時に、グローブで両目周辺をぐりぐりとえぐられたという。
 減点3を取られた12回のレスリング行為以外にも度重なる反則行為があった。(1)サミング(2)ローブロー(太ももをたたく)(3)エルボー(ひじでの打撃)(4)首絞め(5)スリップダウン時の攻撃…。内藤は「反則のオンパレード。うやむやに終えることはできない」と訴えた。
 父史郎トレーナーの威嚇行為も問題視した。試合前のレフェリーのルール説明の時に、突進してきた史郎氏に威嚇されたという。「突っ掛かってきて『てめえ、このやろう』と脅しですよ。ボクシングは町のけんかではなく、スポーツなんですから」と怒りは収まらなかった。
 内藤は週明けの15日にも、JBCに反則行為の調査を要望する文書を提出する。「おとがめなしはおかしい。あそこまでやっていいのか。オレは言いますよ」と直接、JBCに乗り込んで被害を訴えることも示唆した。宮田会長も「反則行為は選手生命にかかわる問題」と憤りをぶちまけた。
 大毅戦での勝利で、一部には長男興毅との試合を望む声も出た。だが、内藤にはもう亀田家とかかわる気持ちはない。「昨日みたいになるなら、もう亀田兄弟とはやらない」と、亀田家との「絶縁」まで宣言した。
[ 2007/10/13 10:05 ] ボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。