総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボロ負け大毅、背水の投げ技プロレス減点…WBC世界フライ級戦 

 ◆プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦
○内藤大助(3-0判定)亀田大毅●(11日、東京・有明コロシアム) 亀田3兄弟の二男・大毅(18)=協栄=が、国内最年少世界奪取をかけて挑んだ王者・内藤大助(33)=宮田=との因縁対決で惨敗した。最終ラウンドで、大毅は経験不足から冷静さを欠き、反則のレスリング行為を2度重ねて減点。最大10ポイント差の0-3の大差判定で負け、亀田家としてはプロ初の黒星を喫した。今後は兄・興毅(20)のリベンジ出撃に期待が高まる。大毅の戦績は10勝(7KO)1敗。初防衛成功の内藤は32勝(20KO)2敗2分け。

 最後は無残だった。逆転をかけた最終12ラウンド。左右のフックを繰り出す王者に、大毅は前代未聞の「サイドスープレックス」を仕掛け、キャンバスに投げつけた。場内からわき起こる大ブーイング。18歳の挑戦者は3点減点の代償を払い、終了のゴングを聞いた。

 並の世界戦ではなかった。「アンチ亀田、国民の期待に応える」と豪語する一家の宿敵との戦い。下馬評も王者が圧倒的に有利だった。内藤コールが響くアウエーの雰囲気のなか、初回からベタ足の亀田スタイルで左フック、右ストレートで攻撃するが、肝心の手数が出ない。多彩なパンチを繰り出しては、巧妙にクリンチで逃げる王者に一方的に攻め立てられた。

 8回終了時に公開された採点も、最大6ポイント差の3-0でリードされ、経験不足から冷静さを欠いた。9回には両者もつれて倒れ込んだ際、内藤が大毅に反則で1点減点。試合は一気にラフファイトに変ぼうした。

 協栄・金平桂一郎会長(41)も「経験不足から大毅は熱くなってしまった。きょうの負けは経験の差。だが、(世界王者と)12回戦える18歳は日本中どこを探してもいないし、世界挑戦のチャンスがあれば挑むのがボクサーです。随所にいいパンチもあったし、非常にいい可能性を残した」と話した。

 最年少18歳9か月5日での世界奪取、昨夏の兄・興毅(20)のWBAライトフライに続く兄弟王者誕生の2大国内記録を逃した。亀田家としてもプロ初黒星という現実を突きつけられた。試合後は、無言で会場から引き揚げた。調印式で放った決死覚悟の「負けたら切腹」宣言をヤジるように、アンチ亀田の観客から「切腹しろ」「腹切れ」と屈辱の罵声(ばせい)を浴びたが「がんばれ」「くじけるな」とする声援も多かった。父・史郎トレーナー(42)は「この悔しさをバネに、またがんばるしかない。大毅は一からの出直しや」とコメントを出し、完敗を認めた。

 内藤の12月のタイでのV2防衛戦の行方次第では、世界ランク3位の兄・興毅に雪辱の期待もかかる。大毅は今後、本来の階級であるスーパーフライ級に戻り、再起する可能性もある。まだ成長段階の18歳。逆風をバネに復活できるか。亀田一家の底力が問われる。

 ◆亀田 大毅(かめだ・だいき)1989年1月6日、大阪市西成区生まれ。18歳。04年5月に史上最年少の15歳4か月で全日本実業団バンタム級優勝。アマ戦績は10勝(3KO・RSC)2敗。06年2月26日、サマート(タイ)に1回KO勝ちでプロデビューを飾る。プロ10勝(7KO)1敗。身長168・5センチの右ファイター。愛称は「浪速の弁慶」。
[ 2007/10/12 11:47 ] ボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。