総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【新日本キック】石井が因縁の小宮に完全決着勝利、菊地も竹村を退ける 

新日本キックボクシング協会/TITANS事務局
「TITANS NEOS 2」
2007年9月16日(日)東京・後楽園ホール
開場16:45 開始17:00

▼第14試合 ダブルメインイベント 63.5kg契約 3分5R
○石井宏樹(日本ライト級王者/藤本/新日本キックボクシング協会)
判定2-0 ※50-50、50-49、50-48
●小宮由紀博(J-NETWORKライト級1位/フォルティス渋谷/J-NETWORK)

 全14試合、すべてが対抗戦という新たな試みで行われた『TITANS NEOS』後楽園大会。第13試合までは7勝4敗2分と、すでに新日本側が対抗戦勝ち越しを決めているものの、文句なしの大将戦であり因縁の再戦であるメインの一戦を前に、場内の盛り上がりは最高潮に達する。

 前回の戦いは今年4月。小宮からダウンを奪われ、あわやKOというところまで追い込まれた石井が、5R残り47秒でヒジを繰り出し逆転勝利。あと一歩のところで対抗戦勝ち星を逃した小宮は、控室で涙しすぐさま再戦を申し込んでいる。

 同日にディファ有明でJ-NETWORK興行があることを忘れさせるほどの大応援団をひきつれて新日本へ乗り込んだ小宮。石井の首を狩るべく、1Rから猛攻。石井も一瞬のスキさえも見せまいと距離をコントロールしながら、パンチとローを叩き込んでいく。
 ともに一歩も退かず、倒れずに3R突入。ラウンド開始直後に小宮が右フックをヒットさせ、連打で石井をロープ際まで追い込む。小宮のローがローブローへ入り一時中断も、石井は左ジャブから右のロー。フェイントで小宮を攪乱しながら、右のストレートをヒットさせる。

 4Rを前にしたインターバルで、場内は石井コールと小宮コールが交錯。じわじわと距離をつめる石井に小宮が思い切りよくパンチ連打。左をちらつかせて石井が右、小宮がヒジを放つと石井も因縁のヒジ! 警戒しつつも小宮がパンチからミドル。互いにダウンのないまま最終ラウンドへ突入する。

 互いに両拳をあわせて5R開始。石井のハイキックを小宮がかわすも、追撃のローがローブローとなり一時中断。再開直後に石井のローキックで小宮がバランスを崩すと、場内は石井コール。対抗するように小宮コールも沸き起こる。前に出た小宮が右、左とストレート。ロープ際に追い込まれた石井がカウンターの右。ラウンド終了のゴングが鳴り、判定は石井勝利を告げた。

 採点結果は50-50、50-49、50-48の2-0で石井の勝利。敗れた小宮は四方に頭を下げ、リングを降りた。
[ 2007/09/18 12:39 ] キックボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。