総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

武藤が船木に全日本マット参戦を熱烈ラブコール 

テレビ番組収録で約5年ぶりの再会を果たした武藤と船木。武藤は船木に全日本プロレス参戦を熱烈ラブコール
 全日本プロレス社長・武藤敬司がホストを務めるサムライTVの「武藤敬司☆SHOW」(9月9日22時から放送)の収録が29日、都内の全日本事務所で行われ、武藤と同期入門の船木誠勝がゲストで登場。約5年ぶりの再会となる2人が昔話に花を咲かせた。
 武藤と船木はともに84年に新日本プロレスに入門。船木は85年3月、当時の史上最年少記録となる15歳11カ月でデビューを飾り、89年にUWFに移籍。その後、藤原組、パンクラスなどを渡り歩き、00年5.26東京ドーム「コロシアム2000」でのヒクソン・グレイシー戦を最後に引退。しかし、今年の7.16横浜アリーナで行われた「HERO’S」で、大みそかでの現役復帰を宣言した。前日に行われた会見では、復帰戦の相手に桜庭和志を指名。早くも戦闘モードに突入したが、この日は気心の知れた武藤を相手に終始笑顔で、和やかムードに包まれた。
 すでに毎日トレーニングを行っているという船木は、「まずは大みそかに集中する」と来年以降の活動についてはあえて語らず。武藤も「酒でも飲みながら一ファンとして見させてもらう」と独特のエールを送りながらも、「プロレス復帰するならぜひ全日本のリングで」とちゃっかり来年以降の“予約”を入れた。
 船木も「ウソつきになるのは1回で十分」と断言こそ避けたものの、「全日本は1番信頼できるリング。鈴木(みのる)を見ていれば分かる」と、参戦に対して前向きで、武藤とのリング上での再会にも興味をのぞかせていた。
[ 2007/08/29 22:00 ] 格闘技日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。