総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【全日本キック】現役モデルのキックボクサー石川直生がムエタイの強豪とドロー 

ワンロップと激闘を繰り広げた石川(右)

 1月4日(木)、全日本キックボクシング連盟の2007年第一弾『New Year Kick Festival 2007』が、東京・後楽園ホールで開催され、トリプルメインイベント第2試合で、オスカープロモーション所属の現役モデルでありながら、全日本スーパーフェザー級のベルトを保持する石川直生(青春塾)が、ムエタイの強豪ワンロップ・ウィラサクレック(タイ)と対戦した。

 対日本人9戦7勝1敗1分の戦績を誇り、ヒジ打ちで相手を流血させることから“切り裂き魔”の異名を持つワンロップに挑んだ石川。

ワンロップのヒジ打ちで顔面から流血した石川だったが、右ストレートでワンロップをぐらつかせ、5Rには逆にワンロップの頭部をヒジ打ちで切り裂くなど、一進一退の攻防を展開。判定0-1のドローという結果に終わったものの、激闘を繰り広げ、後楽園ホールに集まったファンを熱狂させた。

全日本キックボクシング連盟
ALL JAPAN KICKBOXING 2007
「New Year Kick Festival 2007」
2007年1月4日(木)東京・後楽園ホール
開場17:00 本戦開始18:30
※本戦開始前にオープニングファイト予定

<全試合結果>

▼トリプルメインイベント第3試合 全日本Sウェルター級タイトルマッチ 3分5R
○山内裕太郎(AJ/同級王者)
KO 3R2分21秒 ※3ノックダウン
●望月竜介(U.W.F.スネークピットジャパン/同級1位)
※山内が初防衛に成功

▼トリプルメインイベント第2試合 日本VSタイ 58kg契約 3分5R
△石川直生(青春塾/全日本スーパー・フェザー級王者)
判定 0-1 ※49-49、49-49、48-49
△ワンロップ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックス/M-1バンタム級王者)

▼トリプルメインイベント第1試合 日本VS韓国 ライト級 3分5R    
○大月晴明(AJKF/WPKC世界ムエタイ・ライト級王者)
KO 1R2分7秒 
●ジョン・スーミン(韓国/韓国格闘技協会ライト級王者)

▼セミファイナル 日本VSタイ 70kg契約 3分5R
○クンタップ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックス/M-1スーパーウェルター級王者)
判定 3-0 ※49-47、49-46、50-46
●佐藤皓彦(JMC横浜/全日本スーパー・ウェルター級5位)

▼第4試合 韓国VSタイ 72kg契約 3分5R
○ゲンナロン・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックス/M-1ウェルター級王者)
TKO 2R0分40秒 ※ドクターストップ
●MAD☆BULL(韓国/韓国国際キックボクシング連盟ミドル級王者)

▼第3試合 ライト級 3分3R
○野間一暢(JMC横浜)
判定 3-0 ※30-29、30-27、30-29
●HIROAKI(峯心会)

▼第2試合 ライト級 3分3R
○寺崎直樹(青春塾)
KO 1R0分40秒
●濱島康大(はまっこムエタイ

▼第1試合 フェザー級 3分3R
○倉田光敏(AJ)
判定 3-0 ※30-28、30-28、30-28
●梅原ユウジ(REX JAPAN)

本日の最新人気格闘技ランキング
[ 2007/01/05 09:56 ] キックボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。