総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

蝶野プロデュース! 新日本、LOCK UP、無我の合体興行「蝶野王国」開催 

「LOCK UP」、「無我」とともに3団体合体興行「蝶野王国」をプロデュースする新日本プロレスの蝶野正洋
 新日本プロレスの蝶野正洋が、長州力率いる「LOCK UP」と、藤波辰爾らの「無我」とジョイントする3団体同時興行「蝶野王国」をプロデュースする。都内・新日本プロレス事務所で14日、記者会見を開いた蝶野は大会概要を発表するとともに、今後のビジョンについて語った。

 真夏の祭典「G1 CLIMAX」の興奮も覚めやらぬ14日、蝶野は早くも次の興行に向けて動き出した。9月1日と2日、千葉・幕張メッセ国際展示場でLOCK UP、無我と合体して「蝶野王国2007」を開催することになった。
 11日の両国大会で長州や越中詩郎ら5人で新軍団を結成した蝶野。1日に行われるLOCK UP興行に初めて参戦し、長州&越中とタッグを組み、天山広吉&真壁刀義&本間朋晃組と激突する。G1の公式戦で、イス攻撃やセコンド本間の介入なども辞さなかったGBHの戦い方について「G1であれでOKなのか」と納得していない蝶野は、「彼らに示しをつけなければいけない」と、怒りの制裁を加えることを予告した。

 その一方で、G1決勝での棚橋弘至と永田裕志の戦いなどを見て、「今の新日本のリングを見てすごいエネルギーを感じた。自分らがそのエネルギーを色づけして、いい方向に舵取りできれば」と展望について語った。そして「5人とも同じ考えじゃない、5人のプロデュースがあってもいい。誰かが前に出て行けば、ほかがバックアップする。今回はオレがプロデュースするので長州さんらには協力をお願いした」と、改めて5人の結束を強調した。

 試合に加えて初日の1日は、蝶野や長州、藤波らのトークショーも行われる。2日には蝶野やG1優勝者・棚橋らが教える小学生以下を対象にしたプロレス教室や、IWGP王者・永田、中西学らが「エイズ予防財団」の活動内容なども伝える「ストップ AIDS」をテーマとしたトークショーなど、さまざまなイベントも行われる。小・中学生は入場無料。試合観戦以外のイベントは大人もすべて参加無料だ。

 蝶野は「長州さんや藤波さんを見ていた世代は、今お子さんを持つお父さんになっている。お父さんたちに今のプロレスを見ていただき呼び戻したい。普段プロレスを見る機会のない子どもたちにも見ていただきたい」と呼びかけた。


 決定対戦カードとスケジュールは以下の通り。

■蝶野プロデュース「蝶野王国2007」
●9月1日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場

【スケジュール】
・10:00 イベントブース開場
・11:00 スペシャルトークショー(蝶野&長州&林リングドクター)
・12:15 LOCK UP試合開始
・15:30 スペシャルトークショー(蝶野&藤波&林リングドクター)
・17:00 無我 試合開始

【対戦カード】

☆「LOCK UP」
<6人タッグマッチ>
長州 力(リキプロ)、蝶野正洋(新日本)、越中詩郎(フリー)
天山広吉、真壁刀義、本間朋晃(いずれもGBH)

<8人タッグマッチ>
矢野 通(GBH)、石井智宏(GBH)、邪道(CTU)、外道(CTU)
金村キンタロー、黒田哲広、マンモス佐々木、Hi69(いずれもアパッチ・プロレス軍)

<タッグマッチ>
中西 学(新日本)、未定
飯塚高史、山本尚史(新日本)

<タッグマッチ>
石狩太一(フリー)、KAGETORA(エルドラド)
GENTARO、小幡優作(いずれもアパッチ・プロレス軍)

<シングルマッチ>
宇和野貴史(リキプロ)
裕次郎(新日本)

☆「無我ワールド・プロレスリング」
<メーンイベント タッグマッチ>
西村 修、藤波辰爾
長井満也、吉江 豊

<セミファイナル シングルマッチ>
竹村豪氏
Hi69

<第3試合 シングルマッチ>
ヒロ斎藤
グラン浜田

<第2試合 シングルマッチ>
後藤達俊
高木 功

<第1試合 シングルマッチ>
倉島信行
征矢 学

●9月2日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場

【スケジュール】
・10:00 イベントブース開場
・11:00 蝶野プロレス教室(サポート平澤光秀、内藤哲也)※参加対象:小学生以下
・12:30 スペシャルトークショー(永田&中西&山本シュウ[ラジオDJ])
・13:30 棚橋&山本尚史プロレス教室(サポート平澤光秀、内藤哲也)※参加対象:小学生以下
・15:00 新日本プロレス試合開始

【対戦カード】

☆「新日本プロレス」
<メーンイベント G1スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
曙、蝶野正洋
矢野 通、真壁刀義

<セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負>
中西 学、永田裕志
飯塚高史、棚橋弘至

<第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ストロング・マシン、越中詩郎、長州 力
本間朋晃、石井智宏、天山広吉

<第4試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
山本尚史
後藤洋央紀

<第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負>
金本浩二、田口隆祐
稔、ミラノコレクションA.T.

<第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負>
内藤哲也、裕次郎
邪道、外道

<第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負>
平澤光秀
宇和野貴史
[ 2007/08/14 19:10 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。