総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沢屋敷がK1世界戦に推薦で初出場濃厚 

 日本ヘビー級のホープ、沢屋敷純一(22=チームドラゴン)が、07年のK-1 WORLD GP開幕戦(9月29日、韓国・ソウル)に初出場することが有力になった。
K-1を主催するFEGの谷川貞治EPが9日、渡米前の成田空港で、同WGP出場への推薦2枠について「2人とも日本人はない。武蔵よりも、結果を出し進化している沢屋敷が有力だ」と言った。
 WGPには16選手が開幕戦に出場する。現時点で13選手が決まっており、11日(日本時間12日)のラスベガス大会の優勝者を含めると、残るは2人だけ。その2枠を強豪レイ・セフォー、沢屋敷、武蔵で争うことが予想されるが、谷川EPの発言は沢屋敷が限りなく推薦選手に近いことを意味している。
 沢屋敷は3月の横浜大会でレバンナに判定勝利を収め、一躍トップファイターの仲間入りを果たした。さらに4月のハワイ大会、6月のオランダ大会でも勝ち、デビュー以来4連勝の快進撃中だ。「レバンナ戦のような逃げ回る戦いはしたくない」と、4月以降の試合では前に出ながら、攻めて倒す正攻法でのファイトスタイルを見せ、技術的にも、精神的にも大きく成長している。最近では「挙動で相手の動きを見極めたい」と、反射神経に磨きをかけ、パワーに勝る外国人ファイターとも互角に打ち合う術に取り組んでいる。
 日本人のヘビー級ファイターを育成するためにトライアウトがスタートしたばかりだが、その改革元年に、クレバーな日本人ファイターに大舞台で飛躍するチャンスが与えられそうだ。
[ 2007/08/10 19:40 ] K-1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。