総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マッスルvs.大日本の対抗戦で驚きの結末 

「新春初笑いスペシャル」と題して開催された「マッスル・ハウスvol.3」。後楽園ホール超満員札止めとなる1850人を大爆笑と感動の渦に包み込んだ

 昨年5月4日以来約8カ月ぶりの聖地降臨となる3日の「マッスル・ハウスvol.3」(後楽園ホール)では、「新春初笑いスペシャル」と題し、“行き過ぎたエクストリームなエンターテインメント”を徹底的に追求。超満員札止めとなる1850人を大爆笑と感動の渦に包み込んだ。

 後楽園の控室をかけた東京愚連隊(NOSAWA論外、MAZADA)とマッスル軍の試合中に、マッスル総合演出の鶴見亜門のいとこを名乗る三流亭亜門が乱入。試合を止めてステージにセットを組み始めた。

 亜門はジャパンテレビで2万3315回も放送され、この後楽園ホールをホームリングとする超長寿番組『頂点』の収録を強行しようとするが、出演者全員が老衰で亡くなるというハプニングにより、選手たちが大喜利に出演。菊タロー&東京愚連隊によるトリオコントの演芸コーナーで爆笑をさらうと、大喜利では選手たちが珍解答&名解答を次々と披露した。

 さらに野望を抱くマッスルは、「もっとでかいところでやる」ため、「ほかの団体をつぶして、その団体の客と、団体が押さえている会場を奪う」ことを画策。その足がかりとして、横浜および神奈川地区を牛耳るデスマッチ団体・大日本プロレスに白羽の矢を立て、「『頂点』収録にレスラーを5人貸してほしい」というウソの依頼で大日本のレスラーたちを後楽園に呼び寄せた。

 マッスル軍のだまし討ちにより、大日本は会社と道場とサイドビジネス全般(ちゃんこ小鹿はのぞく)、マッスルはこの日のチケット代とグッズの売上(ぴあの分はあとで振込み)をかけた、5対5の団体対抗戦「マッスルキングダム2007 IN front of 東京ドーム」が急きょ開幕。マッスル軍の出場権をかけた4WAYマッチは全員死亡という結末に終わったため、進行役を務めていた初代IMGP(インターナショナルマッスルグランプリ)王者の男色ディーノの出場が決まった。

 だが、「デスマッチ禁止」にもかかわらず、マッスル軍はあっという間に2連敗。肝心のディーノもベルトをかけた一戦で伊東竜二にチューしたところを伊東の妻の李日韓レフェリーに丸め込まれて敗退。「マッスル」の収益をすべて奪われてしまった。だが、このピンチに「年末年始に食っちゃ寝してたら牛になってしまった」半牛半人の”バッファローマン”坂井が登場。日韓に必殺技の「ハリケーンミキサー」を食らわせ、日韓を6つのパーツにバラバラにしてしまった。

 「5分以内に全パーツを取り戻さないとハムになってしまう」日韓を助けるため、大日本勢が奪回のためのハンディキャップ戦に挑むも、そこで伊東が大暴走。世界がスローモーション化する中、制止しようとする沼澤の有刺鉄線バット攻撃をかわし、小林の額に画びょうを差し込むと、日韓の首を有刺鉄線バットでメッタ打ち。日ごろのうっぷんを晴らすが、実はこれは日韓が仕掛けた「どっきり」だった。

 この夫の姿を見た日韓は、スローモーションとは思えない勢いの平手打ちから馬乗りパンチ、さらに、コーナートップからのダイビングボディープレスを敢行し、骨折している夫に容赦なく腕ひしぎ逆十字固めを仕掛けてギブアップ勝ちを収めた。

 日韓は「プロレスとかけて結婚と解く、その心は、どちらも覚悟が必要です」とキレイにまとめ、全員で礼。新春らしいムードで締めくくった坂井は、対抗戦という話に乗ってくれた大日本に感謝しつつ、「次は5月4日の後楽園。その前にも3月にやって、12月には武道館に進出したい」と果てなき野望を語った。

■「マッスル・ハウスvol.3」
1月3日(水)東京・後楽園ホール

<マッスルキングダム2007 IN front of 東京ドーム 中堅戦 IMGP選手権試合>
●男色ディーノ
(1分40秒 回転エビ固め)
○李 日韓
※初代王者が2度目の防衛に失敗 李が第2代王者

<メーンイベント 李日韓パーツ争奪3vs.6スペシャルハンディキャップマッチ>
マッスル坂井、男色ディーノ、ペドロ高石、アントーニオ本多、趙雲子龍、アブドーラ小林
伊東竜二、”黒天使”沼澤邪鬼、関本大介
0分42秒 ●ペドロ-関本○ ジャーマンスープレックス
0分55秒 ●趙雲、●本多-関本○ Wラリアット
1分46秒 ●ディーノ-沼澤○ 関本へのディープキス
2分15秒 ●小林-沼澤○ ハム
4分53秒 ●伊東-日韓○ 腕ひしぎ逆十字固め

<マッスルキングダム2007 IN front of 東京ドーム 次鋒戦>
●趙雲子龍
(3分52秒 ダイビングボディープレス→片エビ固め)
○関本大介

<マッスルキングダム2007 IN front of 東京ドーム 先鋒戦>
●アントーニオ本多
(5分58秒 狂鬼乱舞→片エビ固め)
○“黒天使”沼澤邪鬼

<マッスルキングダム2007 IN front of 東京ドーム 出場者決定4WAYマッチ>
-藤岡典一
-酒井一圭HG
-マジックマン
-726
(6分38秒 無効試合 ※全員死亡により)

<第2試合>
○飯伏幸太
(14分12秒 ゴールデンスタープレス2007→片エビ固め)
●ゴージャス松野

<第1試合>
-NOSAWA、MAZADA
(10分8秒 無効試合 ※『頂点』収録のため)
-マッスル坂井、アントーニオ本多

本日の最新人気格闘技ランキング
[ 2007/01/03 23:58 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。