総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【パンクラス】9・5北岡が現役復帰の船木に挑戦状!「ボコボコにしてやる。オレとやるべき」 

大晦日のDynamite!!で現役復帰する船木誠勝への挑戦状を手にする北岡悟
 8月10日(金)東京・広尾にあるP’s LAB東京で、北岡悟(パンクラスism)が公開練習を行った。北岡は、9月5日(水)東京・後楽園ホールで開催のパンクラス主催『PANCRASE 2007 RISING TOUR』でミルトン・ヴィエイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム/bodog)と対戦する。

 今大会で約7カ月ぶりのパンクラスマット凱旋を果たす北岡。この日の公開練習では2分1Rのパンチのミット打ちだけを披露するだけにとどまった。

 対戦相手のミルトンは、過去にPRIDEやDEEPに出場し日本のトップファイターと対戦経験のある強豪。印象を聞かれた北岡は「世界レベルの選手なので負けられない」と意気込む。

 今年6月開催予定だったPRIDEライト級GP出場権を握っていた北岡だったが、PRIDE活動再開の情報はなし。「GPがないんだったら僕は新しい目標を見つけました」と切り出した北岡は、大晦日のDynamite!!で現役復帰を発表した船木誠勝(ARMS)との対戦要求をぶちまけた。

 船木といえば、1993年パンクラス旗揚げを設立し、自らエースとして第一線で活躍した選手。2000年5月にヒクソン・グレイシーと対戦し負けたことで引退している。一方の北岡は同年10月にパンクラスデビュー。「船木選手との接点は指で数える数えるぐらいしかなかった」(北岡)。

「(船木に)挑戦状を送ろうと思っています」と北岡は唐突にその挑戦状の内容を読み上げる。以下は原文そのまま。

「挑戦状 船木誠勝殿

 12月31日に現役復帰される貴殿に挑戦を表明させていただきます。つきましては同封したチケットの大会へご来場、何卒よろしくお願いいたします。   パンクラスism 北岡悟」

 もともと北岡は船木に憧れてパンクラスに入門している。「今はもう憧れが一切ないです。船木選手は団体を背負ったりとプレッシャーがあって尻尾巻いて逃げたわけじゃないですか。それなのに、のこのこと個人で復帰して楽じゃないですか。それを指をくわえて見たくない。僕がここまで血のにじむような思いでやってきて、今の総合格闘技をなめるなというのを僕が教えてやりたい」と、今回船木へ挑戦表明した理由を語る。


「どこかの雑誌のインタビューで『復帰戦の相手は誰でもいい』と言っていたので、誰かにボコボコにされる前に、僕が一番最初にボコボコニしたいなと。船木選手の復帰戦じゃないと意味がない。

 ちょうど船木選手がパンクラスでやっていた7年間と、僕がやってきた7年間で対戦してみたい。僕が対戦表明しないまま放っておくと、船木選手は田村選手や桜庭選手、ホイス選手とかのレトロ対決でお茶を濁す。

 それだけは我慢できない。それだと過去対過去に終わる。今の現実(北岡)と闘えと。オレとやるべき!」と、船木に対してどこまでも熱いメッセージを飛ばす北岡。

 船木とは10kg近い体重差もあるのだが、「体重も条件も問題ない。自分は通常83kgあるだけにどの体重でも闘えるようにふり幅を広げてきた」と自信満々だ。

 パンクラスのフロントを始め、近藤などの同じパンクラス仲間の反応も気になるところだが、「僕の気持ちは尊重してくれました。パンクラスはbodogと提携した時も、僕はPRIDEに上がると表明し好きなようにやらせてくれた。これからは会社にも返して行きたい」とコメントした。

「自分の存在を知らないかもしれないので、見に来てもらいたい」と語った北岡は、今大会のチケットを4枚(船木宛に2枚、FEGの谷川貞治代表宛にも2枚)を自腹で購入している。「チケット代48,000円? セレブ格闘家の僕には全く痛くないです。自分への投資だと思っていますから。(ミルトンに)勝ってリング上から直接対戦表明したい。船木選手が会場に来なかったら逃げと一緒です」

 会見後には、北岡はマスコミを引き連れて道場近くの郵便局に。そして、挑戦状とチケットを同封した手紙を船木が所属する事務所とDynamite!!を主催するFEG宛に2通投函している。

 北岡の想いは船木に届くのか!? 果たして船木は9・5パンクラス後楽園大会に来場するのか!?  


パンクラス
「PANCRASE 2007 RISING TOUR」
2007年9月5日(水)東京・後楽園ホール
開場18:00 開始18:30

<決定対戦カード>

▼ウェルター級 5分3R
北岡 悟(日本/パンクラスism/ウェルター級1位)
VS
ミルトン・ヴィエイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム/bodog)

▼ミドル級王座次期挑戦者決定戦 5分3R
竹内 出(日本/SKアブソリュート/同級1位)
VS
ブライアン・ラフィーク(フランス/ジュカオ・アシル・チーム/bodog/同級2位)

▼ライトヘビー級戦 5分3R
川村 亮(日本/パンクラスism/ライトヘビー級2位)
VS
ジェーミー・フレッチャー(アメリカ/ザ・シャーク・タンク)※初参戦

▼フェザー級 5分3R
砂辺光久(P’sREAL/同級4位)
VS
吉本光志(AJ/07年度ネオブラッドトーナメント優勝)

▼ミドル級戦 5分2R
渡辺大介(日本/パンクラスism)
VS
ガジエフ・アワウディン(ロシア/SKアブソリュート・ロシア)

▼ライト級戦 5分3R
松田恵理也(TEAM坂口道場/ライト級3位)
VS
星野勇二(和術慧舟會GODS)

▼ライト級戦 5分2R
小路伸亮(KILLER BEE)
VS
フラービオ田中(Flavio.V.T.道場)※本戦初出場

<出場予定選手>
前田吉朗(パンクラス稲垣組/フェザー級王者)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。