総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「大毅vs内藤」今秋実現へ一歩前進 

 ボクシングの協栄ジムの金平桂一郎会長(42)と亀田史郎氏(42)が8日、都内で会談し、今秋にも亀田大毅(18)=協栄=を、WBC世界フライ級王者・内藤大助(32)=宮田=に挑戦させる方針を決めた。
大毅の世界戦に関して金平会長と史郎氏の会談は初めてで、この日にも宮田ジムに正式にオファーを出して交渉を開始する。早ければ今週中にも正式決定する。
 金平会長と史郎氏はこの日、都内のホテルで約1時間、話し合いの場を持った。この席での決定事項は「大毅がWBC王座に挑戦すること」。金平会長によると、WBA王者・坂田健史(協栄)との同門対決も依然として選択肢にあるが、史郎氏の希望を最優先させた形になったという。
 この日の話し合いで宮田ジムに出すオファーの金額が決まった。これは、ファイトマネーを含め、前王者ポンサクレック(タイ)陣営が持つ興行権(オプション)を買い取る金額で、ポンサクレック陣営との交渉は宮田ジムが行う。今後は宮田ジムとポンサクレック陣営の交渉となり、協栄ジムはその結果を待つ。
 金平会長は「大毅の第一候補として内藤選手に決まりました。今日にも宮田ジムの会長にオファーを出します。坂田との選択肢もありますが、相性の問題もある。大毅と内藤選手は相性がいい。でも大毅が100%勝ちますよ。あとの交渉は宮田ジム次第ですね」と話した。交渉がスムーズに進めば、今週中にも正式に決定する見込みだ。
[ 2007/08/09 13:15 ] ボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。