総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝青龍に「仮病疑惑」高砂親方激怒 

 横綱朝青龍(26=高砂)が26日、高砂親方(元大関朝潮)に夏巡業(8月3日~)参加を命じられた。
名古屋場所で21度目の優勝飾った後、前日25日に日本相撲協会に腰の疲労骨折などによる全治6週間の診断書を提出し、巡業の休場が認められた。しかし、モンゴル帰国中の同日、サッカー元日本代表の中田英寿氏らとサッカーをしたことが発覚。ニュース映像をみる限り、仮病と受け止られても仕方がない俊敏な動きに、同親方が激高した。
 「サッカーができる体であれば、巡業に参加しろ!」と、朝青龍に怒りの電話を入れた高砂親方は「腰の骨を折ったということだったし、どの程度動けるか把握できなかったけれど、入院するほどじゃないと判断したら、巡業は全部出す」と明言した。大事を取って相撲は取らない可能性はあるが、横綱土俵入りはさせるつもりだ。
 朝青龍は今週末か、来週早々には再び日本に戻る。当初は戻った後、都内の病院に入院する予定だった。同親方は「今回のサッカーはモンゴル政府の依頼があったので、やむなく引き受けたけれど、あれだけ動けるんだから巡業も参加できるはず。巡業も本場所同様、相撲界の大事な行事です」と力説した。
 朝青龍は昇進後、巡業を休んだことがない。一人横綱としての責任を果たしてきたが、白鵬が横綱に昇進したことで、気の緩みが出たのかもしれない。一方で、夏巡業に参加できたならできたで、今度は「全治6週間」の診断に矛盾が生じてくる。いずれにしろ、朝青龍に説明責任があるのは間違いない
[ 2007/07/27 13:40 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。