総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

蝶野が最大野党でG1を黒く染める 

FMヨコハマ「Tips Town」に生出演した蝶野とDJの田邉香菜子=横浜市のFMヨコハマ
 G1を黒く塗れ!ブラック団の総帥・蝶野正洋(43)が24日、横浜市内で会見し、出場する12人中5人という最大野党の勢力をフルに活用して夏の本場所・G1クライマックス(8月5日・大阪府立体育会館開幕)を制圧する謀略を開陳。自身の持つ最多優勝記録を更新するV6に向けて、黒い皮算用をはじいた。
 「ウチのブロック(Aブロック)に大型が2人(曙とバーナード)も入ってると点数も読めない。なるようにしかならない」「気持ち的には謙虚に、初心に戻る」。最初こそ殊勝だった蝶野だが、不自然な態度は数分ともたなかった。
 本隊の3人、GBHの4人に対し、決定戦もなく5人を送り込んだブラック。しかも最後の1枠は蝶野の要求を新日本があっさりのんでブラックに明け渡し、曙を滑り込ませているのだ。
 蝶野は「エントリーの比重で勢力図が分かるだろ?越中がIWGPに挑戦するような不当な選出はない。これが正当」と主張するが、蝶野がヒザを手術したり、中邑が真壁にシングルで連敗したりと上半期のブラックは不振だっただけに、正当性には疑問符が付く。
 案の定、蝶野は「今回の裏の実行委員はオレ。新日本は正規軍がコンニャクだし、表がなくて裏でもってるんだ」と、黒い政治力をフルに行使したことを示唆した。
 「(3人が出場する)Aブロックでは50%の確率で決勝トーナメント(T)にもっていける」とほくそ笑むが、自身が決勝Tに進めずとも次善策はある。「永田戦を取れば次のIWGP挑戦の権利をアピールできる」と、現IWGP王者の永田を公式リーグ戦で破り、挑戦をゴリ押しするつもりなのだ。
 上半期は鳴りを潜めていたが、黒い頭脳がようやく始動。得意のG1で、覇権奪回への謀略を巡らせる。
[ 2007/07/25 10:36 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。