総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いつでも!興毅vs内藤が年内実現へ 

 内藤、いつでもやったるで!
ボクシングの“浪速の闘拳”亀田興毅(20)=協栄=が19日、都内の自宅兼道場でデイリースポーツの取材に応じ、前日に“世紀の大番狂わせ”でタイトル奪取したWBC世界フライ級王者・内藤大助(32)=宮田=への挑戦をぶち上げた。この日、都内の宮田ジムで会見した内藤が初防衛戦の相手に興毅を熱望し、それを受けた興毅は新王者のオファーを快諾。今後、ファイトマネーや日程などを含めた両陣営の交渉次第だが、今秋の実現を目指していく。
 “闘拳”は逃げない。「相手がポンサクレックだろうと、内藤だろうと、世界チャンピオンなら誰でもええ。逃げる理由がないやろ。俺は選手やから、マッチメークはできへんけど、内藤がやってくれるなら、いつでもええで。やってほしいねん」。興毅は声を大にしてアピールした。
 3年前のプロデビューからポンサクレックへの挑戦を公言。だが、その絶対王者が18日の試合でまさかの王座陥落。興毅の標的は新王者の内藤に変わった。WBCでは3位にランクしており、ランキング上ではすぐにも世界戦が可能。内藤戦には何の支障もない。
 興毅は「テレビで試合を見たけど、(内藤に)強さは感じんかったわ。むこうは俺とやりたい言うてるんやろ。ほんまにやってくれるんかな。俺の名前を出して商売したらアカンで。ほんまにやる気があるなら、俺はいつでも、どこでもやったるで。ほんまやで」と、思いをぶちまけた。
 一方、興毅の父・史郎氏(42)は慎重な姿勢。「(内藤が)興毅とやりたい言う前にやることがあるやろ。オプションの問題もあるし、ファイトマネーの問題もある。興毅もやりたがってるねんけど、すぐにやりましょか、いうことにはならんやろ」とクギを刺した。
 実際、内藤戦にはいくつかの壁がある。その一つは興行権(オプション=対戦相手を決める権利)だ。現在、ポンサクレック陣営が2回分の興行権を持ち、内藤は2度の防衛を果たすまで独自に興行ができない。内藤が興毅を対戦相手に選ぶには、まず1回分の興行権を買わなければならず、値段の相場は1000万円以上とされている。
 興毅のファイトマネーも、もう一つの壁だ。予想される高額ファイトマネーを、宮田ジムがクリアしなければ実現の見通しは立たない。それでも興毅は訴える。「ほんまにやらせてほしいわ。なんなら明日でもあさってでもええで。やろうや」と不敵な笑みを浮かべた。
[ 2007/07/20 11:25 ] ボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。