総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

琴光喜が白鵬倒した/名古屋場所 

白鵬を上手出し投げで破る琴光喜
<大相撲名古屋場所>◇10日目◇17日◇愛知県体育館
 関脇琴光喜(31=佐渡ケ嶽)が横綱白鵬(22)との全勝対決を制し、大関昇進へ大きく近づいた。立ち合いすぐに左上手を引き、白鵬が前に出ようとしたところを、左から豪快な上手出し投げ。春場所千秋楽から25連勝中だった新横綱を倒しての白星を、協会幹部も高く評価した。横綱朝青龍(26)と平幕豊真将(26)は1敗をキープ。琴光喜は今日11日目、26連敗中の天敵・朝青龍と対戦する。
 立ち合いにすべてをかけた。琴光喜は左に腰をひねりながら、命綱の左上手をつかんだ。「横綱に左上手を取られたら絶対、勝てないと思った」。右の腰を引きながら白鵬得意の左上手を封じる。我慢しきれず前に出てきた相手の動きを利用し、左から豪快な投げ。25連勝の横綱を土俵にたたきつけ、初日に続き今場所2度目のガッツポースまで飛び出した。
 この日の朝、相手の左上手を右手で封じながら、左上手を取るけいこを繰り返した。対策が奏功した白星に北の湖理事長(元横綱)は「優勝を狙うことで印象も変わってくる。当然(大関昇進の)話題も出てくる。全勝の横綱を止めたことは大きい」と目を細めた。「ノルマ」と言われる12勝へあと2勝。何よりも横綱を倒した1勝の価値は、ただの1勝ではない。
 土俵に上がる前はガチガチだった。前日は朝青龍と談笑する余裕があったが、この日は座布団に正座して壁を直視したり、首をまわす仕草を繰り返した。「頭が真っ白になるほど、緊張した」。仕切りでは「あれだけは勘弁してほしい」という手拍子も起きた。それでも土俵に上がると、腹をくくれる。「今は仕切りの時に迷いがない。優勝した(01年秋場所)時より、攻める気持ちがある」。母校鳥取城北高の石浦外喜義監督(46)も「元々、精神的には弱くない。気分がのると信じられない強さを発揮していた」と話す。
 初日から10連勝は自己最多記録。そして、ついに全勝力士は1人だけだ。佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は「今場所は顔つきが違う。名古屋には紋付きはかまと、家内も着物をもって来てますよ」と、大関昇進の使者を迎える準備ができていることを明かした。周囲の期待が膨らむ中、今日11日目は26連敗中の朝青龍戦。「後悔しないように、思い切ってやるだけですね」。最後まで控えめな言葉だけを続けたが、その表情は自信に満ちあふれていた。
[ 2007/07/18 12:51 ] 大相撲 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kakutogitushin.blog86.fc2.com/tb.php/283-5c62db8b

土俵 土俵(どひょう)は、土を盛って作る相撲の競技場である。現代の大相撲では、一辺が6.7mの正方形に土を盛り、その中央に直径4.55m(15尺)の円が勝負俵(計16俵)で作られていて、その円の東西南北4箇所に、徳俵(計4俵)と呼ばれる俵1つ分の出っ張りが設けられている。
[2007/07/27 14:25] 格闘技事典


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。