総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

亀父決断!10月にも坂田vs興毅か大毅 

 亀田兄弟の父史郎氏(42)が11日、同じ協栄ジムでWBA世界フライ級王者の坂田健史(27)との同門対決にゴーサインを出した。
同級1位興毅(20)同10位大毅(18)の次戦(28日、東京・有明コロシアム)の内容次第でどちらかに挑戦権を与える。当初は同門同士による八百長などの批判を避けるため否定的だったが、2人の挑戦への熱意とWBC王者ポンサクレック戦のめどが立たないことで決断した。坂田陣営も前向きなため、10月にも世界戦初の日本人同士の同門対決が実現する。
 亀田家の方針が最終決定した。長男興毅が坂田との同門対決に前向きな姿勢を見せたことに父史郎氏も「坂田が負けるまで指をくわえて待ってられない。同門だろうが、避けられない道や」と同意。亀田兄弟の標的をポンサクレックから坂田に切り替えた。
 興毅だけではない。世界ランカーの二男大毅も挑戦者の候補になる。「2人とも負けない自信があるからな。大毅なんかは負けたら切腹すると言ってるわ。調子のいい方にやらせたい」。兄弟そろい踏みとなる28日の次戦の試合内容を見て、父史郎氏が挑戦者を決める。
 当初は同門対決に否定的だった。昨年8月、興毅のランダエタ戦は微妙な判定勝利だったことで、八百長などの批判が渦巻いた。同ジム同士の試合では、亀田が勝ったとしてもバッシングは必至。だが、標的にしていたWBC王者ポンサクレックとの年内対戦は難しい。興毅は年内の2階級王者、大毅は10月15日までに世界王座奪取で井岡弘樹の最年少記録18歳9カ月の更新を狙う。2人の強い気持ちが、同門対決への方向転換を促した。
 亀田兄弟初の日本人対決は、世界戦初の同門対決になる。「今まで日本人と戦う意味がなかっただけや。日本人が世界のベルトを持ってるんやから、いつでもやったる。坂田とは同じジムでも交流はない。憎しみを持って戦える。先輩後輩も関係ない。鬼にならなあかん」。腹をくくった史郎氏は、完全に同門対決モードに切り替わった
[ 2007/07/12 12:10 ] ボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。