総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真壁が恩人・井上京子のために奪冠誓う 

真壁刀義は「赤鬼」のような形相でバーベルを持ち上げる


 新日本の真壁刀義(34)がIWGPヘビー級王座を闘病中の井上京子(38=NEO)にささげる。IWGPヘビー級王者永田裕志(39)とのタイトル戦(6日、後楽園ホール)前日の5日、都内のジムで矢野通と最後の調整。「絶対取って、恩人への激励にするよ」と真剣な顔で話した。
 05年8月6日、G1の中邑戦で左アキレスけんを断裂。チャンスを逃した無念から、入院中も病院食を部屋の壁に投げつけるなど荒れた。立ち直るきっかけを与えてくれたのが、毎日見舞いに来てくれた井上だった。「『おいしいから』って、うな丼を持ってきてくれたのよ。ありえねえだろ。おかしいやら、うれしいやら、迷いが吹っ飛んで救われたよ」。井上が経営する居酒屋の常連客だっただけなのに、家族のような温かさで支えてもらった。
 その井上が現在、子宮筋腫を患いながら妊娠し、難しい出産へ向けて闘っている。井上が人と会うことを拒んでいるため見舞いには行けない。それだけに、初のIWGP王座を獲得することで、激励にしたい。「どんな手を使ってでも永田をたたきつぶす。ヒール道を貫く姿を京子さんに見せたい」。勝利だけを目指し、リングに立つ
[ 2007/07/06 10:12 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。