総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【NJKF】キックボクシングのリングでイナバウアー!?最強王者が華麗に魅せた 

石毛のキックをスウェーでかわすセンチャイ。この仰け反り方はまさにイナバウアー!?


ニュージャパンキックボクシング連盟
「Fighting Evolution VIII COUNTER THE ASIAD ATTAC」
2007年7月1日(日)東京・後楽園ホール
開場16:45 開始17:00

“神の技を持つ男”現在ムエタイの最高峰センチャイが三たび来日を果たした。タイでは強すぎるため同じ階級で相手がおらず、常に5ポンド以上(2~3kg)のハンディマッチで試合を行っているセンチャイだが、ベストウェイトは本来56~57kg。今回の契約体重は68kgで、対戦する石毛は三階級上のウェルター級であり、センチャイにとっても未経験の挑戦であった。

 1~3Rまではまさにセンチャイの独壇場。石毛の攻撃を全く受けることなく、ハイキックや前蹴り、ロー&ミドルキック、さらには得意の崩しなどで石毛を翻弄する。3Rには前蹴りとボディストレート、それにヒザ蹴りと徹底的にボディを痛めつけ、石毛の攻撃はイナバウアー級に仰け反るスウェーバックでかわしていく。

 しかし、体格差のある相手と何度も組み合ったためセンチャイは徐々に失速。体重も65kgに無理やり増量したため、4Rにはスタミナ切れを起こした。それでも、4R途中に観客席で起こった乱闘騒ぎを横目でチラチラと見るほどの余裕ぶり。

 最終ラウンドはセコンドの「これは喧嘩だ!」の声を受けて、石毛が猛ラッシュ。パンチでセンチャイを追い回し、左ストレートを2発当てた。組み付くセンチャイにはなりふり構わないヒジ、さらには頭突きまで繰り出す喧嘩殺法。攻め続けた石毛だったが、センチャイに距離を殺されて為す術がなかった。

 石毛は「絶妙の距離感で攻撃が当たらなかった。パンチの当たる距離には絶対にいないし、何を当てていいのか分からない距離にいるんですよ。パンチで行くと合わせられるから足を滑らせるようなローキックで行きたかったけど、蹴らせてくれなかった。力強さよりも何もさせないバランスを感じましたね」とセンチャイの上手さに舌を巻く。


 一方のセンチャイは「ムエタイの技術を見せられなかった」と控室でガックリ。「全然、満足していません。2Rに相手のヒジを蹴ってしまい、右の親指を怪我したのもあって技術を60%くらいしか出せなかった。体重差があったので4、5Rはバテてしまいましたし、増量したのでスピードが全然なかった。ウェルター級とやったのは初めてです。石毛は日本人にしては上手いし、将来のあるいい選手でしたね」と石毛の善戦を褒め、「6月29日にまた日本で試合をします。これ以上の芸術を見せるので、ぜひ見に来てください」とアピールした。

 ダブルセミファイナルでは、二人の若武者が大活躍している。9・2後楽園大会でウェルター級チャンピオンの笛吹丈太郎への挑戦が決定している20歳になったばかりの健太は、大韓ムエタイウェルター級チャンピオンのイ・テウォンの強打と驚異のタフネスに手を焼いたが、4Rに2度、5Rに1度のダウンを奪って前哨戦で弾みをつけた。

 もう一方のセミでは4連続KOと快進撃を続ける26歳の前田浩喜が、MA日本キックボクシング連盟のバンタム級チャンピオン岩波祐次と対戦。お互いに激しく打ち合い、蹴り合う激戦となったが、最後は前田が左ハイキックでダウンを奪い、とどめも同じ左ハイキックで岩波をKO。加熱するNJKFバンタム級戦線に名乗りを挙げた。

<全試合結果>

▼第10試合 68kg契約 3分5R
○センチャイ・ソーキングスター(タイ/ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※三者とも50-49
●石毛慎也(東京北星/元NKBウェルター級王者)

▼第9試合 67kg契約ヒジなし 3分5R
○健太(E.S.G/ウェルター級1位)
判定3-0 ※50-44、50-43、49-43
●イ・テウォン(韓国/大韓ムエタイウェルター級王者)

▼第8試合 交流戦 54kg契約 3分5R
○前田浩喜(インスパイヤードモーション/NJKFバンタム級2位)
KO 3R2分42秒 ※左ハイキック
●岩波祐次(渡辺/MA日本バンタム級王者)

▼第7試合 交流戦 63.5kg契約 3分5R
△ソンクラー・センチャイジム(タイ/センチャイ/元BBTV、WPKFフェザー級王者)
ドロー 判定1-1 ※50-48、50-49、50-50
△藤原王子(J-NETWORK/J-NETWORKライト級2位)

▼第6試合 ライト級ランキング戦 3分5R
○大和哲也(大和/同級3位)
TKO 5R0分35秒 ※タオル投入
●ガンバ黒田(OGUNI/同級5位)

▼第5試合 フェザー級ランキング戦 3分5R
○カピラ前澤(GANGA/同級5位)
判定3-0 ※50-48、50-48、50-47
●国分省吾(OGUNI/同級7位)

▼第4試合 70kg契約 3分5R
○守屋拓郎(町田金子/ミドル級8位)
KO 5R2分22秒 ※右ローキック
●古川照明(インスパイヤードモーション/ウェルター級3位)

▼第3試合 ライト級 3分3R
○牛若丸(拳友会)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●とし(OGUNI)

▼第2試合 ヘビー級 3分3R
○敏センチャイジム(センチャイムエタイ)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●篤志(ブリザード)

▼第1試合 ライト級 3分3R
○畠山隼人(E.S.G)
判定3-0 ※三者とも30-28
●鷹緋杜(GANGA)
[ 2007/07/02 10:06 ] キックボクシング | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kakutogitushin.blog86.fc2.com/tb.php/197-c235fdfa

キックボクシングキックボクシングは、ムエタイを参考にして、ボクシングに蹴り技の要素を加えた打撃格闘技の一つ。通常、キックボクシングとは日本で生まれたものをさすが、場合によってはボクシングのリングを使った立ち技系のプロ格闘技全般の総称を指す場合もある。芸能
[2007/07/27 09:15] 格闘技事典


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。