総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【K-1MAX】6・28豪腕対決を制したのは“鉄の拳”ザンビディス! 

ザンビディスの豪腕フックが唸りをあげる!

TBS/FEG
「Ameba presents K-1 WORLDMAX2007~世界一決定トーナメント~」
2007年6月28日(木)東京・日本武道館
開場17:00 開始18:00

▼第4試合 K-1WORLDMAX2007世界一決定トーナメント開幕戦 3分3R延長1R
○マイク・ザンビディス(ギリシャ/メガジム/推薦選手)
本戦判定 ※30-30、30-30、30-30
延長戦判定3-0 ※三者とも10-9
●ドラゴ(アルメニア/チームSHOW TIME/K-1WORLDMAX2006ベスト4)

 ドラゴはいつもどおり、入場時間をたっぷりと使ってのドラゴダンス! ファンも両手を高く上げてのクラッピンハンドでドラゴを煽る。

 1R、ドラゴは先制の左ハイキック、そしてもう一度左ハイキック。右ローから左ハイキックと高い蹴りを出してザンビディスにガードさせ、パンチを打たせない作戦だ。ザンビディスはステップを踏みながら回っていき、レバーブローからの右フックを狙う。ドラゴの右ローに左右のボディからのヒザ蹴りを返すザンビディス。ドラゴが右ハイを二発、そこからバックキック! ザンビディスはボディから右ローだ。足を使って大きく回るザンビディスは、追ってくるドラゴに飛びヒザ蹴り。ドラゴはガードして右ローキック。

 2R、やはりハイキックを多用するドラゴにザンビディスはボディからのフックを狙う。ステップワークから飛びヒザ蹴りを繰り出すザンビディスは、ドラゴの蹴りをかわすと一気に連打。ザンビディスは飛びヒザ蹴り、ローキックの応酬からドラゴが右フックを繰り出すが、ザンビディスも打ち返す。ボディを叩き、さっと離れるザンビディス。ドラゴのバックキックは失敗、ザンビディスが左右のボディを叩くとドラゴはガードして丸まってしまうが、すぐに右ローキックで前に出てザンビディスを防戦一方にさせる。


 3R、前に出るドラゴは右ロー、ザンビディスは左フックで迎え撃つ。ザンビディスの左右のボディとドラゴのヒザ蹴りが激しく交錯! ドラゴのローにフックを合わせるザンビディス。ドラゴのバックキックがヒット! ドラゴは左ミドル&ヒザ蹴りと蹴り技中心に攻め、ザンビディスはボディからのフックを狙う。ボディを叩きながら前に出るザンビディスは、右フックを狙うがドラゴもヒザ蹴りと顔面への前蹴りで前へ出る! ローの応酬が続く中、ゴングが鳴った。

 しかし、判定は三者とも30-30でドロー。勝敗は延長戦にまでもつれこんだ。前に出るドラゴは右ローから左右のパンチ。ドラゴは前蹴り、ワンツーから右ロー、左ハイキックと攻める。ザンビディスは下がりながらもボディを叩き続けるが、ドラゴの右ローに体を捻ってしまう。逆にザンビディスのボディをドラゴは体を丸めてガードする。ドラゴの左ストレートに合わせたザンビディスの左ハイキックがヒット! ラッシュを賭けるザンビディスだが、ドラゴも左右のパンチとヒザ蹴りを出して突進だ。死力を振り絞る両者は最後まで打ち合い、蹴り合い続けて場内を沸かせた。
[ 2007/06/29 12:25 ] K-1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。