総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猪木IWGP戦強行!「もめた方がいい」 

アントニオ猪木はブロック・レスナーの訪問を受け握手


 新団体IGFを率いるアントニオ猪木(64)が28日、29日の旗揚げ興行(両国国技館)で「IWGP戦」を強行する考えを明かした。レスナーが王座はく奪後も所有し続けているIWGPベルトを使って「防衛戦をする」と主張したことに対して、猪木はこの日の会見で「その形でやっていきたい」と容認した。
 新日本からは試合を決行した場合は法的措置も辞さないという警告を受けている。しかし、「タイトルは勝ったものの所に移動する。新日本とは、もめた方がいいんじゃないか」と猪木は対決姿勢を明確にした。レスナーの「防衛戦」の相手には「カートが挑戦したいと言ってきたのが始まりだから」と当初の予定通りカート・アングルにする方針を示した。
 一方、会見に同席したレスナーは前日と同じく「ベルトはオレの物。防衛するだけ」と繰り返した。さらに「アングルと戦うつもりで日本に来た。カードを発表しない団体は初めてだが、明日の夜には誰が最強かの答が出ているはずだ」と早くも勝利を宣言した
[ 2007/06/29 12:17 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。