総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔裟斗が完勝!王者奪回へ好発進 

J.Z.カルバンにパンチを見舞う魔裟斗=日本武道館


 K-1ワールドMAX(28日、日本武道館)世界一決定トーナメント開幕戦で、03年MAX世界王者の魔裟斗(28)が4年ぶり王座奪回へ好発進した。06年HERO’Sミドル級世界王者J.Z.カルバン(24)との頂上対決に、文句なしの判定3-0で完勝。10月の決勝トーナメントに駒を進めた。
 試合は一方的だった。初回、魔裟斗は多彩なパンチとローキックを的確に浴びせ、カルバンの体力を確実に奪う。2回にはカルバンを投げ飛ばして体力の強化を証明し、終盤にはパンチの連打でサンドバッグ状態にするシーンも作った。
 3回には動きが鈍った相手にヒザ蹴りを連打して追い込み、初回には「2回くらい食らった」(魔裟斗)大振りのフックで冷やりとさせたカルバンも、驚異的なタフネスでKOを免れるのが精一杯。HERO’Sで高谷裕之を葬った飛びヒザ蹴りも空を切る。
 最後までノンストップで攻め続けて05年後半から続けている肉体改造の成果を存分に発揮した魔裟斗は、ジャッジ3人の全員からすべての回で支持されるフルマークの判定勝ちを収めた。
 ホームグラウンドだけに順当ともいえるが、魔裟斗は「打ち合う」「触らせずに勝つ」という公約を完ぺきに実行。04年大みそかのDynamite!!では山本“KID”徳郁の左のパンチでまさかのダウンを喫してKIDに名をなさしめたが、KIDの次のHERO’S王者には付け入るスキを見せなかった。
 「何がうれしいかって、カルバンを投げたオレがうれしい。組んだ時に強いとも思わなかった。暑かった中あれだけ打ち合って、体力的に問題なかった。強くなってる証拠」と、体力への自信を深めた魔裟斗。1週間の休養を挟んだだけで練習を再開、8月には合宿も張り、過酷な10月の決勝トーナメントに備える。
[ 2007/06/29 12:16 ] K-1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。