総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小川が師匠を挑発「猪木さんが出て戦え」 

小川は出演するNHK木曜時代劇の撮影に参加


 新団体IGFに参戦する小川直也(39)が25日、師匠で新団体の社長を務めるアントニオ猪木(64)を挑発した。茨城・つくばみらい市でのテレビドラマ収録の合間に取材に応じたもので、この日までに対戦相手が決まる約束だったが、猪木は自身のブログで29日の旗揚げ戦(両国国技館)当日の発表を明言。異例の混乱ぶりに、小川は批判的な言葉を次々と発し、猪木に試合出場することまで要求した。旗揚げ戦の内容次第では、エース候補の離脱も避けられない状況だ。
 小川がついに、師匠に愛想を尽かした。最後の勝負に立ち上がった師匠のために、一肌脱ぐつもりで参戦を決めたが、大会4日前になっても対戦相手が決まらない状況。業を煮やすように「IGFのIは、いいかげんのIかもしれない。今は相手より本当に大会をやるんだろうか? という気持ちになってきました」と不機嫌そうに話した。
 1度、口火を切ると腹の中で抑えていた不満が一気に噴き出した。
 小川「猪木さんは(対戦カードが決まらず大会の成否が不安視される)逆境を逆転できると言うが、オレは4対6(の割合)で難しいと思う。プロデュースは猪木さん自身がやると聞いている。何を見せてくれるのかオレも当日が楽しみ」
 まるで傍観者の口ぶりで話し、最後には「猪木さんが出て誰かと戦ってもらうのが、逆転への一番の策だと思う。猪木さんの団体なんだから責任を持って出ればいい」と現役復帰による参戦を要求。最後は師匠を見下すような口調だった。
 一方、エース候補から反逆された猪木は、自身のブログで「カードは最後の最後まで決まりませんし、試合前までに決まればいいと思っています」と、小川との約束など初めからなかったかのように平然と公表した。またIGFはこの日、新たに参戦決定選手6人を発表。だが2人が未契約だったことが判明し、急きょ訂正を出すなど、舞台裏の混乱ぶりは相変わらずだった。
 団体関係者によると、旗揚げ戦の入場券は約1万人収容の両国国技館の8割は売れている。猪木の「カードを発表して売れるなら、すぐにやっている」という言葉を裏付ける好調さだ。ただし、旗揚げ戦のご祝儀や新団体への好奇心での購入も多い。旗揚げ戦の内容次第では小川ら選手だけでなく、ファンも見放しかねない。大会まであと3日。弟子にさげすまされようと自信満々の猪木の態度が、果たして吉と出るか凶と出るか-。
[ 2007/06/26 12:18 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。