総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔裟斗、総合王者をスピードで翻弄だ!  

 オレには触れさせない!

 魔裟斗(28=シルバーウルフ)が、打撃王の自信をみなぎらせた。K-1 MAX世界一決定トーナメント開幕戦(28日、日本武道館)へ向けて21日、都内で練習を公開。徹底した走り込みで強化されたスピードとパワーを披露して、HERO’Sミドル級王者J・Zカルバン(ブラジル)との対決に「触らせずに勝つ」と宣言。総合格闘技の王者を完全粉砕して、03年以来4年ぶりの世界王者復帰へ弾みをつける。
 スパーリングパートナーでキックの世界王者大宮司が舌を巻いた。「今年に入ってからぜんぜん違う。本来の姿、昔に戻った」。それほど魔裟斗は完ぺきだった。仮想カルバンを意識して大宮司が振り回す大振りフックを、ことごとく見切った。攻撃も鋭かった。キックを放つと、ジムに鈍い音が響き渡る。「オレのスピードで触らせないで勝つのもいいかな」。魔裟斗の言葉はリップサービスには聞こえなかった。
 故障が完全に癒えた証しだった。05年7月の世界一決定トーナメント準々決勝ザンビディス戦で左足の腓(ひ)骨を骨折した。このケガで下半身のバランスが崩れた。大幹運動にも影響が出て、06年は満足な走り込みもできなかった。リングでのステップ、キック、スピード、スタミナ、パワーすべてに影響していた。

 骨折が完治した今年、専属トレーナーの指導を受けて、800メートルの中距離走を中心に1日20本近くの走り込みを続けてきた。心肺機能が高まり、何よりも衰えつつあった下半身にバネとスタミナが戻ってきた。「年齢じゃない。トレーニングがいかに大事かよく分かった。もっと早くやっていれば、もっと強くなっていたはずだ」と本人も言葉に力を込めた。

 カルバンの過密日程も発奮材料になった。魔裟斗との対戦が決まりながら、6月2日のDynamite!!USA大会に出場。さらに7月のHERO’Sにも参戦を表明している。誇り高い魔裟斗が黙っているはずがない。

「7月のHERO’S? 無理でしょう」と一蹴。総合格闘技の王者を完膚なきまでにたたきのめし、4年ぶり世界王座奪回への踏み台にする
[ 2007/06/23 00:04 ] K-1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。