総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クロマティが1発逆転勝利!/ハッスル 

アン・ジョー之助にホームランチョップを見舞うクロマティ

<ハッスル・エイド:埼玉大会>◇17日◇さいたまスーパーアリーナ◇1万4617人


 元巨人のウォーレン・クロマティ(53)が、プロレスデビュー戦を鮮やかな逆転勝利で飾った。崔領二と組み、タイガー・ジェット・シン、アン・ジョー之助組と対戦した。シンの反則攻撃に苦しみながらも、必殺のホームランチョップを繰り出すなど大暴れ。最後は4分50秒、片エビ固めでアンを仕留めた。60年にデビューした故ジャイアント馬場さん以来、47年ぶり史上3人目のプロ野球出身プロレスラーが誕生した。
 まるで左バッターボックスに立っているかのように、クロマティが身構えた。反対コーナーからパートナーの崔が放り投げたアンに、ホームランチョップをたたき込んだ。巨人時代に首位打者も獲得したクロマティは、両手で胸板とのど元の急所に的確にチョップをクリーンヒットした。
 最後はこの日のために編み出した、スライディングのようなキック「ビバ!! ジャイアンツ」で仕留め、フォール。「勝ちました」と絶叫すると、笑顔でバンザイを繰り返しファンと喜びを分かち合った。
 絶体絶命のピンチに見舞われた。これまで会見や前哨戦で何度も乱闘を繰り広げてきたシンに対面するなり、イスで殴りかかられた。これはキャッチして回避したが、直後にターバンで首を絞められた。半失神の状態まで追い込まれ、場外で動けなくなった。
 だが巨人風のユニホームを着て「すべての野球選手を代表して戦う」と宣言し、そろいのハッピを着て駆けつけた巨人応援団のためにも負けられない意地があった。息を吹き返すとヘッドバット、右ナックル、シンにはおきて破りの逆コブラクローも披露。53歳のルーキーが奮闘した。
 会場となった埼玉県には苦い思い出を残したままだった。90年10月24日、日本球界での最後の公式戦は西武球場での日本シリーズ西武戦。だが30年ぶりとなるストレート決着。屈辱の4連敗で米国へ帰国した。16日も当時を思い出し「埼玉で借りを返したい」と、勝利に飢えていた。
 史上3人目となる、プロ野球出身プロレスラーの誕生だ。2人目の馬場さんのデビュー戦から47年。巨人の先輩でもある偉大なレスラーと比較もされたが「不安や迷いもあったが、常に新しいチャレンジをしたかった。一生の思い出」と、うれしそうに振り返った。
 盟友の巨人原監督には、18日に電話で勝利を報告する。かつて死球をきっかけに乱闘した元中日宮下さんには「20年たっても後悔している。許してくれて、応援してくれて感謝している」とメッセージを送った。巨人時代「史上最強の助っ人」と呼ばれたクロマティが、人気低迷する日本プロレス界の助っ人になった
[ 2007/06/18 09:54 ] プロレス・ハッスル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。