総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

亀田興毅、地元凱旋試合で1年ぶりのTKO勝利=ボクシング 

“浪速乃闘拳”、前WBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅が23日、地元大阪市でインドネシアライトフライ級王者イルファン・オガーとノンタイトル10回戦を行い、8ラウンド2分23秒、TKO勝利を飾った⇒ranking

 興毅は前半のラウンドからインファイトで主導権を握り、中盤の第6ラウンドに左右の連打で、オガーからまず1回目のダウンを奪った。そして第8ラウンドにも左フックでダウンを奪い、その直後にも興毅が猛攻を仕掛けたところでレフェリーが試合を止めた⇒ranking

興毅は8ラウンド2分23秒、予告通りのTKO勝利で地元がい旋試合を飾った。
 亀田興毅は昨年5月以来のKO勝利で、2つ目の世界タイトルとなる世界フライ級王座獲得に向け、弾みをつけた。

■~凱旋~亀田の帰る場所「2階級制覇への道、第2章」
5月23日(水)大阪市中央体育館

<第7試合 フライ級 10R>
○亀田興毅(協栄/WBA世界フライ級1位、WBC同級3位/前WBA世界L・フライ級チャンピオン)
(8R 2分23秒 TKO ※レフェリーストップ)
●イルファン・オガー(インドネシア/東洋太平洋ライトフライ級2位/インドネシア・ライトフライ級チャンピオン)

<第6試合 61.0kg契約 8R>
△福原寛人(江見)
(8R判定 1-1 ※78-75、76-77、76-76)
△西尾彰人(姫路木下)

<特別スパーリング 3R>
-亀田和毅
-ジョジョ・バルドン(フィリピン/WBC世界フライ級13位/東洋太平洋フライ級チャンピオン)
※スパーリングのため勝敗なし

<第5試合 ライト級 10R>
○浦 秀晃(広島竹原)
(3R 0分46秒 TKO ※レフェリーストップ)
●菊池幸三(守口東郷)

<第4試合 ウェルター級 10R>
○牛若丸あきべぇ(協栄/東洋太平洋ウェルター級9位/日本同級1位)
(2R 1分50秒 KO)
●ジャック・マカン(インドネシア)

<第3試合 56.0kg契約 4R>
○北田竜統(JM加古川)
(1R 2分36秒 KO)
●谷 弘樹(姫路木下)

<第2試合 S・フェザー級 4R>
○松見一紀(大鵬)
(2R 3分08秒 KO)
●西永哲也(進光)

<第1試合 53.0kg契約 4R>
○大前健太(クラトキ)
(4R判定 3-0 ※40-36、40-37、40-37)
●大西一生(姫路木下)
ranking
[ 2007/05/24 09:55 ] ボクシング | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kakutogitushin.blog86.fc2.com/tb.php/121-fc1453cd

亀田興毅亀田 興毅(かめだ こうき、1986年11月17日 - )ボクシング家族としてマスコミの話題となったプロボクサー。大阪市西成区天下茶屋出身。2005年5月現在の階級はフライ級。最高位は日本ランキング10位。プロ戦績2005年6月現在7戦7勝(6KO)。ただし
[2007/05/25 10:00] みくの部屋


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。