総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【新日本キック】KO勝利の武田幸三が次回ジョン・ウェイン戦での引退を示唆! 

タイ人をKOした武田幸三が、試合後に衝撃発言!

新日本キックボクシング協会/治政館ジム
「BRAVE HEARTS 5」
2007年5月20日(日)東京・後楽園ホール
開場16:45 開始17:00


“超合筋”武田幸三(治政館/34歳)が復帰戦を行いサンムック・シッパポン(タイ)にKO勝ちした直後、年内の引退を匂わせる衝撃発言!

 この日、メインイベントに登場した武田は4月4日の『K-1 WORLD MAX 2007~世界最終選抜』でマイク・ザンビディスに判定負けを喫して以来の復帰戦。

 1Rから得意のローキックをバンバン決め、2Rには組み付いてくるサンムックを左ジャブの連打で突き放し、最後は左フックであっさりとサンムックを大の字にさせた。

「今回は左のパンチを多く練習していました。今日は谷間の試合なので、ま、こんなもんかな」と試合について多くを語らなかった武田だが、「次に大きなチャンスをもらってます。ジョン・ウェインと日本で再戦の話がある」とビッグプランがあることを明らかにした。

 K-1 WORLD MAXでもトップファイターとして活躍したジョン・ウェイン・パー(オーストラリア)と武田は、2005年8月22日に東京・国立代々木競技場第二体育館で対戦。この時はジョン・ウェインが、右ストレートで武田を3R2分24秒でKOしている。実現すれば武田にとってはリベンジマッチだ。

「そろそろいろんな答えを出さないといけないので、今年はいろんな意味での節目になると思います」と意味深な発言をする武田。

「今日、建石君も言ってましたが、協会も世代交代の時期。自分も今まで最大限の努力をしてきたし、今後も盛り上げていきたい。そういう意味で今年は節目になりますね」。

 次の試合を最後に引退するのかとの質問には「まだ分かりません」と答えながらも、武田はそのような気持ちになった理由を次のように語っている。

「自分が出場するだけでお客さんは沸いてくれるけれど、自分の中のエンターテイナーとしての気持ちが…。いかんせん試合内容が伴わないので、そろそろ考えなくちゃいけない。気持ちはいつでも“デッド・オア・アライブ”(生か死か)なんですけど、なかなか内容がついてこない。


 気持ちだけデッド・オア・アライブで命を削る試合をしたいけれども、自分は今年で35歳。小林(聡)君もいっちゃった(引退した)し、昭和の人間がどこまで出来るかは分からない。僕自身はいけるところまで、体が続くというか心臓が止まるまでいきたいと思いますけどね。でも、お客さんは沸いてくれるけど、自分の合格点と試合内容がズレている。

 いつも言ってますが、お客さんの期待や応援に応えられなくなった時が、自分がリングに上がれなくなる時です。次回はいろんな意味で答えが求められる試合になるでしょう。もうちょっとだけ、命を削ります」

 ジョン・ウェイン戦はまだ決定ではないというが、年内に新日本キックボクシング協会のスペシャルイベントである『TITANS』での実現が濃厚。その時、武田はどんな“答え”を出すのか?

<全試合結果>

▼第14試合 メインイベント 日泰国際戦 71kg契約3分3R
○武田幸三(元ラジャダムナンスタジアム認定ウェルター級王者/治政館)
KO 2R2分15秒 ※左フック
●サンムック・シッパポン(タイ)

▼第13試合 セミファイナル 日韓国際戦 ヘビー級3分3R
○内田ノボル(日本同級王者/ビクトリー)
KO 2R1分19秒 ※3ノックダウン
●金 成訓(韓国)

▼第12試合 セミファイナル 日本フライ級タイトルマッチ3分5R
○建石智成(王者/尚武会)
判定2-0 ※50-47、50-48、50-50
●がってん古川(挑戦者・同級2位/治政館)
※建石が王座防衛に成功、タイトルを返上

▼第11試合 日本ライト級3分3R
○朴龍(同級1位/市原)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
●石原裕基(同級4位/伊原道場)

▼第10試合 日本フェザー級3分3R
○蘇我英樹(日本バンタム級1位/市原)
KO 3R1分58秒 ※3ノックダウン
●小原祥寛(日本フェザー級2位/藤本)

▼第9試合 日本ミドル級3分3R
○青木克眞(同級4位/トーエル)
判定3-0 ※三者とも30-28
●松崎勇輝(同級2位/治政館)

▼第8試合 日本ウェルター級3分3R
○荻野兼嗣(同級3位/ビクトリー)
判定2-0 ※30-29、30-29、30-30
●関ナオト(同級5位/宇都宮尾田)

▼第7試合 日本ミドル級3分3R
△宮本武蔵(同級8位/治政館)
ドロー 判定0-0 ※三者とも30-30
△喜多村誠(同級10位/伊原道場)

▼第6試合 日本バンタム級3分3R
○木暮 智(同級3位/ビクトリー)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●王子(横須賀太賀)

▼第5試合 日本ライト級3分3R
○平野一誠(トーエル)
判定3-0 ※三者とも30-28
●西川 義(同級7位/藤本)

▼第4試合 日本ライト級3分2R
○ジョニー・オリベイラ(トーエル)
判定3-0 ※三者とも20-18
●ナオヤ(治政館)

▼第3試合 日本フェザー級3分2R
△大塚 憲(藤本)
ドロー 判定0-1 ※19-20、20-20、20-20
△菊地大介(伊原稲城)

▼第2試合 日本ウェルター級3分2R
△小川大介(トーエル)
ドロー 判定0-0 ※19-19、20-20、20-20
△中元孝介(伊原道場)

▼第1試合 日本ウェルター級3分2R
○光将(治政館)
判定3-0 ※20-18、19-18、20-18
●本田聖典(山田)
[ 2007/05/21 11:02 ] キックボクシング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。