総合格闘技通信

K1、HERO'S、DREAMの最新試合動画!画像やグッズ通販などの総合格闘技サイトです


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔裟斗、HERO’S王者と頂上決戦=6.28K-1MAX 

6.28K-1MAX開幕戦で対戦することが決まった魔裟斗(左)とHERO’S王者のカルバン、早くも火花バチバチだ

 6月28日に東京・日本武道館で開催される「K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント開幕戦~」の対戦カード発表公開記者会見が14日、都内のホテルで開催され、4年ぶりの世界王者奪回を目指す魔裟斗は、前年度のHERO’Sミドル級世界王者のJ.Z.カルバンと対戦することが決定した。

 史上初のMAX王者vsHERO’S王者によるチャンピオン頂上決戦。谷川貞治K-1イベントプロデューサーが「大みそかまでとっておきたかったカード」という珠玉の一戦の実現に、会場につめかけた多くの女性ファンからは悲鳴にも近い歓声が上がった。
 「前回の試合でもそうだったけど、守るとかいう気持ちはまったくない。HERO’Sのチャンピオンに挑戦する、ぶつかっていくという気持ちで行きます」と魔裟斗。カルバンの試合は昨年の宇野薫戦を見ており、その時に「戦ってみたい」と思ったという。
 また、「あの体はヤバイね」と魔裟斗も舌を巻くぐらい、カルバンは70キロ級とは思えない規格外の肉体を誇るが、そのパワーファイターを相手に「一発の威力はあるだろうけど、思い切り殴り合ってみたい。とにかく、面白い試合を見せますよ」と、真っ向勝負のKO宣言だ。

 一方のカルバンは、「魔裟斗のことはとてもリスペクトしている」「魔裟斗との試合はこれからの総合のためにも勉強になる」「判定で勝ちたい」と、記者会見では殊勝なコメントに終始。だが、会見後の囲み取材では一転、「実際見た印象は、別に他の普通の選手と変わらない。それに、思ったほどイケメンじゃなかったね」と、威勢のいい言葉がポンポンと飛び出した。
 もちろん、勝つ自信も100パーセント。さらにカルバンは、現地時間6月2日に米国ロサンゼルスで開催される「Dynamite!! USA」にも参戦する気満々。わずか1カ月にも満たないスパンでDynamite!!、魔裟斗戦とビッグマッチを連戦しようというのだ。
 魔裟斗の「つまらないケガとかしてほしくないから、6月28日に集中してほしいね」という忠告にも、「オレの心配してないで、自分の心配をしてろ!」と吐き捨てたカルバン。怒濤の勢いで宇野ら日本人トップファイターを飲み込んだHERO’S同様、K-1MAXの象徴・魔裟斗までも飲み込んでしまおうというのか。

 また、前年度王者のブアカーオ・ポー.プラムックは西ヨーロッパ予選を勝ち抜いてきたニッキー・ホルツケンと、05年度王者のアンディ・サワーはイアン・シャファーと、2年連続日本王者の佐藤嘉洋は東ヨーロッパ予選を勝ち抜いたデニス・シュナイドミラーと対戦することが決定。開幕戦7試合の勝者が、自動的に10月3日に東京・日本武道館で開催される決勝トーナメントに駒を進める。
 一方、決勝トーナメント8枠最後の一人は、小比類巻貴之vsツグト“忍”アマラ、アンディ・オロゴンvsTATSUJIのスーパーファイトの勝者と、開幕戦の敗者の中からファン投票などをもとに決定される。

■「K-1 WORLD MAX2007~世界一決定トーナメント開幕戦~」
6月28日(木) 東京・日本武道館 開場17:00 開始18:00

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
魔裟斗(日本/シルバーウルフ)
J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカン・トップチーム)

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
ブアカーオ・ポー.ブラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
ニッキー・ホルツケン(オランダ/ゴールデングローリー)

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシングオランダ)
イアン・シャファー(オーストラリア/ファイブリングス・オーストラリア)

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
ドラゴ(アルメニア/チームSHOW TIME)
マイク・ザンビディス(ギリシャ/メガジム)

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
佐藤嘉洋(日本/フルキャスト・名古屋JKファクトリー)
デニス・シュナイドミラー(ドイツ/Feuer sports)

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)
ヴァージル・カラコダ(南アフリカ/ウォリアーズMMAアカデミー)

<トーナメント開幕戦 K-1ルール 3分3R・延長1R>
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテン オデッサ)
イ・スファン(韓国/韓国体育館)

<スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
小比類巻貴之(日本/チームドラゴン)
ツグト“忍”アマラ(モンゴル/フリー)

<スーパーファイト K-1ルール 3分3R・延長1R>
TATSUJI(日本/アイアンアックス)
アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チームオロゴン)
[ 2007/05/15 10:05 ] K-1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


格闘技護身術
町で不良高校生に睨まれても平気なタフガイになる方法

試合動画検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。